忍者ブログ

Pengzi de 雑記帳

燕京雑考の雑記、備忘や現在住んでいる蘇州の様子などなど

いまさらながら、モバイル決済はじめました

昨今日本のネットニュースで話題のモバイル決済ですが、
いまさらながらですが、導入しました。

かくいう私、中国滞在通算24年目に突入していますが、
現在、中国での銀行口座なし、携帯はガラケーです。

そんな私がなぜモバイル決済を導入しようと思ったか。
それは、ちょっとした個人的なお金のやり取りで、
それを使っていないと不便だと感じたからでした。
「微信支付で送るから、スマホにアクセスして」
と言われることが多々あり、悩みました。

「微信支付」は、中国のモバイル決済の一種で。
個人の間でも金銭のやり取りができます。
今年のお年玉もこれを使われたとかなんとか....
そして日本でもアリババとして有名な会社の「支付宝」
こちらは通販などの支払いで、便利です。

それにここ1年弱の変化として、お年寄りも便利に使うようになっているんです。モバイル決済。

だったらやるっきゃない!と頑張ってみました。

まずは、銀行口座開設と、スマホ購入です。

☆銀行口座開設
これは、家から徒歩1分?ぐらいにある、中国銀行で開設しました。
すったもんだがあったことはこの際省略。
小さな支店の銀行員さんのおかげで、何とか開設できました。

☆スマホ入手
何がいいかわかりませんよね。
というわけで、主人の会社のIT部門かたお勧めの一品を購入しました。
ちなみに、使っていたガラケーのSIMカードを入れればスマホ使用できます。



その後、PCからのアクセスでできる作業はPCから行いました。

☆インターネットバンキングの設定
☆「支付宝」のアカウントの申し込み

あれやこれやが終わった後、スマホにSIMカードを挿入。
いよいよ、本格的にモバイル決済への最終段階です。
どちらかというと、ここまでた一番大変でした。

「支付宝」「微信支付」対応のアプリをDL。
ここからは簡単!簡単!!
無事アカウントを作って、アカウントに銀行口座から入金。
(ちなみに、ネットで下調べはしました(^^ゞ)
小手調べに、馴染みのお店で使ってみました。
いや~~ 簡単に支払いできました。

画面は「支付宝」
アプリから支払い画面にいって、レジで読み込んでもらったら支払い完了。

でもですね.....
これにも注意が必要です。
当局にすべて情報が行っています。
中国人は、身分証明書番号で、がんじがらめになっていますが、
外国人は、パスポート番号+ビザ番号、携帯の実名登録、銀行口座の開設のあれやこれや... などなど、以前は厳しくなかったのですが、最近はかなりハードルが高くなってきています。
ハードルが高くなってきている=情報は筒抜けですから注意が必要です。
便利の裏にはなにかがあります!!
ご利用にはご注意を!!
でも、後ろめたいことがない、中国の一般の人たちには、とても便利なシステムだと思います。
それに、当局にすべてデータが行っている私たちにとっては、後ろめたいとがなかったらいまさらながらの問題かもしれません。

海外からの旅行客はそれ用のものを持っていないために、かなり不便を感じるとのこと。
それが私がモバイル決済を始めた理由の一つでもあるのですが....
海外からの旅行客の方々たち、どうするんでしょうね...
子供たちがこちらに来るときに、チェックしたいです。




PR

コメント

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 4 5 8
9 10 11 12 13 14
18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
ぽんず
性別:
非公開

P R

忍者カウンター