忍者ブログ
Pengzi de 雑記帳
中国に関する雑記、備忘や現在住んでいる蘇州の様子などなど
 1 |  2 |
日本が盆の入りなので、お盆特集です。

御霊迎え








日本のお盆は、迎え火+精霊馬(キュウリで作った馬)でお迎えしますが、
中国は紙製のを燃やしてお出迎え!

盆提灯
日本でも盆提灯はありますが、
中国の盆提灯はちょっと違います。



子供たちはこれらの提灯を手に街を練り歩くので、
日本で近いものは、盆の花火大会かもしれませんね。

蓮の葉提灯、ヨモギ提灯、蓮花提灯:下画像順番に


蓮の葉提灯は、茎のついた蓮の葉に、ろうそくを立てたもの。
ヨモギ提灯はヨモギにお線香を結びつけたもの。
蓮花提灯は紙細工の提灯。

この三種類が主な提灯。中元の夜、子供たちは、これらの提灯をもって町を練り歩いた。

灯篭流し



いろいろな形の"船"を作って、蝋燭をのせて流します。
PR
乾隆年間の「月曼清遊図冊」から
宮中の后妃の菊花を観賞する様子です。



雍正十二月行楽図軸:九月賞菊





九月というと、九月の重陽の節句、高台に登る... を想像しますが、女性はなかなかそうはいかないもの。菊を楽しむのがせいぜいでしょうか。

菊も、いろいろな種類があり、目を楽しませてくれました。





949年10月1日に天安門広場にて
中華人民共和国の 建国式典の毛沢東による中華人民共和国の成立が宣言の場面




日本と中国同じお節句でも、
戦後日本は新暦にうんとこどっこいしょ!で移転してしまいましたから、
同じ日にお祝いするのは、中秋だけではないでしょうか。
仲秋の十五夜をお祝いするのですから、新暦で8月15日では満月は滅多に当たりませんしね...



それは置いておいて...
お月見!いたしましょ!!

お月様を拝んでいるのは女性と子供たち
それを我関せずとみているのが男性。
これがお月見の習慣です。
反対に、女性は竈の神を祭りません。
これを「男は月を拝まず 女は竈を祭らず」といいます。
旧暦も八月になりました。

八月といったら、中秋節! 中秋のお月見です!
このイベントは今に到るまで、大々的に行われています。

はてさて後宮の様子をのぞいて見ましょう。


乾隆年間の『月曼清遊図冊』から宮中の后妃のお月見


『雍正十二月行楽図軸』から『八月賞月』

「男は月を拝まず 女は竈を祭らず」というように、女性の姿が多く、
とっても華やかな絵になっています。



Copyright ©  Pengzi de 雑記帳  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぽんず
性別:
非公開
P R
忍者カウンター
ブログ内検索