忍者ブログ
Pengzi de 雑記帳
中国に関する雑記、備忘や現在住んでいる蘇州の様子などなど
 342 |  358 |  343 |  348 |  341 |  340 |  339 |  338 |  337 |  336 |  334 |

西湖より包頭まで 2 江南の風物 -02 杭州西湖 

 農地がなくなって林地に入るとこれはまた驚くべし、
両側すべて墓地、古墳新塚さまざまなのがある。
界標がある、旌表牌の立派なのがある、
方甎を畳み壇をつくって堂々たる兆域(第十二図参照)を営んだのがあれば、
訪ふ人もなき荒墳の離たるものもあり、
瓦葺の殯舎に十以上の戸前があって鍵のかかったなかにむなしく留置かれている仏もあるらしい。



 やがて霊隠寺につく、
『水経注』には
「浙江東逕霊隠山、山在四山之中、有高崖洞穴、山下有銭塘故県」
とある所、『漢書地理志』の武林山に当たる。
けだし湖北諸山の総名であったのを今この寺が襲うているのだ、
一名雲林寺といい、晋咸和元年(326)僧慧理が建てたというから、とても古い寺だというべきである。

その後唐代に廃寺となったのを、呉越王が僧延寿に銘じて再建さしたとの事、
南宋になって高宗孝宗、しばしばここに幸して禅院五山の第二位に置かれる事になった。
山門を入って一町右に寺門がある、覚皇殿以下髪賊の乱にことごとく炎上したのを光緒に再建したのでまだ木の香もあたらしい、
薬師三尊には二丈にも達する立像があって金箔燦爛としている、
彫刻はさほど立派ではないが殿後に廻るとこれはまた面白い地獄極楽の幼稚な見せ物が作ってある。

....続きます....




~>゜)~<蛇足という名の言い訳>~~

諸事情あり、連載中断していました。
本格再開のワンステップになればと、
中断前までに書いたものをUPしておきます。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  Pengzi de 雑記帳  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ぽんず
性別:
非公開
P R
忍者カウンター
ブログ内検索