忍者ブログ
Pengzi de 雑記帳
中国に関する雑記、備忘や現在住んでいる蘇州の様子などなど
 357 |  356 |  355 |  354 |  353 |  352 |  351 |  350 |  349 |  347 |  346 |

西湖より包頭まで 6  包頭行 -01 京綏鉄道


 9月2日午前8時、自動車にて西直門に至り、京綏鉄道の客となる。
例により軍属の警戒厳重である。
そもそもこの線は支那が自国人の苦心経営になったもので、
毫末も異国の才を借らず、
計画の当初外人均しく華人の任にたえざるを疑うたものだが、
この通りできあがったので、
「欧美仁氏、遠来膽視、莫不嘖々驚嘆」と自慢するところの
純粋の支那官弁鉄道である。
けだし1896年9月露国がその要求委かかるボドナ北京線を拒絶せられたのにつき、
さらに第二計画として、イルクーツク、キャフタ、クーロンをへて張家口より、北京に達する鉄道の敷設を要求したのが、そもそもこの路線計画の最初である。この申込に対し英国の抗議があり。
やがて支那政府から北京、長城の路線は支那自ら敷設し、外人の資本は借らず、またこれを担保にはしないという契約をしておよそ6年を経過したが、
いよいよ光緒三十一年(明治三十八年六月)に袁世凱の上奏となり、
まず京張間の敷設にとりかかった。

 しかるにこの線は北京から南口までの平野は約34マイル、一年にして成功したが、
南口のさき12マイル岔道城までは、いわゆる西山の険峻で始原代の山骨稜々として、山西台地を限り、居庸八達嶺の関門があるところであるから、
なかなかの難工事で山岳重畳渓流縦横の間に居庸関隧道1204尺をはじめ五貴山、石仏寺、八達嶺と四つのトンネルを穿ち勾配は三十分一という急斜あり。あの堅い岩塊を八旧住尺以上も切り取るやら、谷に沿うた築堤高さ60尺にもおよぶものをつくるという次第で、一方ならざる困難を極めた。

 しかし技師・詹天佑の経営よろしきを得たため、
1909年2月には京張間145マイル全通ということになった。
しかもその工費850両は京奉鉄道純益金より支弁したのであるから、
支那人がこれを誇るのも無理からぬことである。

 ついで支那政府はクーロンへの延長を企てたところ、
張家口から直接北方の庫倫へ出ては、沿道貨物が少ないゆえに
まず長城にそいて大同に出で、それより長城を横ぎって豊鎮をへ、
再び西に向かって綏遠に達し、そこより陰山を越え、
北行ただちに庫倫に達するの利を論ずるものがあって
その説に従い、一九〇九年九月以後工をすすめ、1912年大同、豊鎮に達し、
民国六年になって、さらに日本国東亜興業及び三井などより570万円の借款を起こして、1912年4月綏遠に達した。
ここまで京綏間435マイルの開通を見たが、
その勢いに乗じて綏遠から黄河畔の包頭まで96マイルを1922年に敷設し終わったももである。



参考資料:京綏鉄道

 しかし極力工事を急いだために車両の欠乏を来たし
1921年には車両購入その他の資金として米国大康洋行から230万ドル余を借入れたのであるから、前後数100百万ドルの借款を負うているのだ。
しかしこの鉄道は張家口、帰化城、包頭という三大貿易市を連ねているので、
内外蒙古一帯の毛皮畜類、薬剤、藍、曹達、雑穀をはじめ
新疆地方の綿花、葡萄の輸出線となり、
これら地方の日用品碾茶、綿布、砂糖、燐寸、煙草、紙、綢緞、石油、改装など一切の雑貨がこの線によって配給されるのであるから営業成績もわるくない。
現在、張家口は毎年3000万両以上、帰化城は二千五百万両以上、包頭は一千万両以上の貿易が行われているほかに、
沿線の開発に伴う農産物の増加また驚くべきものがある。
元来政治上もしくは軍事上の必要に基づいてつくられた鉄道であったけれども、
敷設した後からこれを見ると蒙古統御の第一義の目的はいうにおよばず、
北地開発上驚くべき成果を収めつつあるので、
昔は長城を築いて消極的に中国の安寧を保護したのが、
今は鉄路一貫積極的に漢人北進の門戸となり、
あわせてその農産物が北京その他糧食となるに至った。
まことに刮目してみるべき状況に変化したのである。

 でかように有意義なかつ有利な鉄道であるが、
なにぶんにも車両の不備を早急に改めあたわないので
一、二等などの座席のまずいこと、便所の不潔なことは支那第一ともいうべく、
軍人軍属が威張ってその専用車以外にもくみだすことや、
常人でも三島の切符で二等の席を取り、改札が今に叱っても動かないことや、
軍人の手荷物が馬鹿に多量であるいは普通人の貨物を託送されているのではないかと、不愉快に思われる点がないではないことや、
数えくれば乗心地必ずしもよろしくない。
これは営業成績にも影響しているとのことである。
予は文明の利器を取り扱う支那人が法を重んずるの習慣を得んことを希わざるを得ない。
しかしこの線が包頭よりさらに西にはハミ、カシュガルをへてバグダード鉄道に連なり、
北はクールン、キャフタをへてシベリア鉄道に連接するのは、欧亜の形成に一新時代を来たすであろうと多大の期待を掲げる。

 西直門から南口までは農耕の盛んな沖積平原ではあるが、
山に近いから礫が多く、土地もやせているところがある。
沙河・昌平の二駅をすぐれば、南口すなわち居庸関の南口で、
前寒武紀のききたる山岳の上に、長城の前門たる城壁が見える。
墩台が見える。これに烽火があればただちに北京皇城の景山に通ずるのだ。
南口河の沖積地、砂礫磊々たる川原の小高いところに、
この鉄道に付属する南口製造廠があり、50馬力の蒸気機関を据え、車両の修繕をしている。
煙突の煙が遠くから景気よく見える。
駅ができてからの新市街、南口旅館公司というに入る。
時に午前十時。ここより明十三陵の見物に行く。




~>゜)~<蛇足>~~
 わかりやすくするため、原文中以下の地名をカタカナ表記に変えました。
  伯都納 ボドナ
  恰克圖 キャフタ
  庫倫 クーロン
  哈密 ハミ
  喀什噶爾 カシュガル
 また イルクックを イルクーツク に変えました。

~>゜)~<蛇足2>~~
 参考地図は大同传媒のコラム
 [文化]这是一段久远的记忆,它不为人知却真实存在过  より
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  Pengzi de 雑記帳  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ぽんず
性別:
非公開
P R
忍者カウンター
ブログ内検索