忍者ブログ
Pengzi de 雑記帳
中国に関する雑記、備忘や現在住んでいる蘇州の様子などなど
 322 |  321 |  320 |  319 |  309 |  308 |  307 |  306 |  305 |  304 |  296 |
[季節の話:夏] 中国版てるてる坊主:掃晴娘

調べてみるとてるてる坊主は中国の”掃晴娘”(サオチンニャン)が由来だそうです。

掃晴娘は天(空)の雨雲を掃いて掃除して晴れにする女神さまといったところでしょうか。

”掃晴娘”とはどんなものなのだろうかと、以前、北京っ子の李華さんにきいたところ、知らない... という返事が返ってきました。そしてしばらくたってから、

「そういえば、小さいころに、軒下に、紙で作った人形というかなんかがぶら下げてったことを思い出したけど、それが掃晴娘だったのかも」

と話してくれました。

その後調べたところ、中国最後の士大夫と言われる作家の汪曾琪(1920-1997)が、
『私の家』(我的家)という文章の中にこんなことを書いていました。

雨は相変わらず降り続いている。
従姉は紙を切ってつくった人形を壁に貼り付けた。人形は片手に箕のを、もう片手には箒を持っている。
風が吹くと、揺ら揺らと揺れる。
これが掃晴娘だ。
ほんとうに不思議なことに、掃晴娘は一日空を掃き
二日目には少しだったが晴れになった。

特徴は、紙で作るということ、名前に掃くとあるように、箒をもっていることのようです。

ほかに調べてみると、顔は白、衣装を着た胴体はいろいろな紙や布で作った人形に箒を持たせたもの... というのもありました。


日本のとは違ってカラフルな掃晴娘
(画像は台湾のもの日本の影響があるような感じ...
台湾のサイトから拾いました)

天を掃くということについて、前述の李華さんが面白いことを話してくれました。

「私は雨が降ったときに、空を掃く動作をするだけれど。
年配の人達がするようなことだから、最近は恥ずかしく、皆が見ていないときにだけするけれど。小さいころからの習慣で、雨がたくさん降っているときにするの。そのことを「掃晴」っていうのよ。」

なかなか面白い風習だと思います。

それからおまけに、小さいころ歌ったと言うこんな歌を教えてくれました。

老天爺 別下雨 蒸了饅頭 往上挙
老天爺 別刮風 蒸了饅頭 往上扔

天の神様、雨降らせないでね お饅頭を蒸したら、あげるから
天の神様、風吹かせないでね お饅頭を蒸したら、あげるから


~>゜)~<蛇足>~~
北京の『晴娘の伝説』はこちらから → 『晴娘の伝説


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  Pengzi de 雑記帳  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 4
9 10 12 13 14
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぽんず
性別:
非公開
P R
忍者カウンター
ブログ内検索