忍者ブログ
Pengzi de 雑記帳
中国に関する雑記、備忘や現在住んでいる蘇州の様子などなど
 305 |  304 |  296 |  294 |  293 |  292 |  291 |  295 |  290 |  289 |  288 |
西湖より包頭まで 1 上海へ -03 上海の通貨 後編

 かように銀両の基礎たる平に於て、不統一になれた人民は、
普通流行の雑多の通貨に対しても申水(打歩)をつけて取引することになれているので、
複雑な感情を苦も無くやってのける。
両銀には普通大なるもの50両内外の馬蹄銀と、10両内外の鐘状をなせる銀錠とがあって、いちいち重量と純分とを検定して授受し、公佔局の刻印が入っている。
我々観光客はこんな貨幣を見ないで、大洋と称する元銀を持たされる。

 大洋には湖南、湖北、浙江、広東等の造幣局鋳造の龍洋とて龍を刻した通宝
すなわち大清銀幣および民国三年新に鋳造を始めた袁世凱の肖像を印せる元銀及墨銀香港銀などがある。
もとは墨銀を鷹洋と言い信用甚だ厚く、一般物価の基礎貨幣となり、
他の1圓銀貨は打歩をつけたものであるが、事実墨銀には偽造贋造変造の喪のが多くて、授受の際いちいちその銀色音響を検査する必要があって煩わしいものである。
然るに1913年以後上海市場の墨銀在高は増加し1,000万ドルを下らず、
且地方農家が墨銀と大洋を平価にて授受するに至って、墨銀の相場は幾分低落した。

 大洋の中では袁世凱の大洋が第一で、これさえ持っておれば、支那は尤も安心である。次に小洋銭は2角(20セント)1角(10セント)の2種があるが、
その品位は大洋の891.47に対して、小洋は820位だから、
その2角5個又は1角10個で1元に相当しない、
普通小洋11枚半で1元検討であるけれども、それは大体のことであって市場在高の多少によって日比野相場が一定しない不便がある。

 銅貨は1900年以来鋳造のもので我2銭銅貨大のものと1銭銅貨大のものとの二種がある。
銅幣児(トンペイ)というて1銭銅の方(当制10文)が尤も広く行われる。
これは車夫に支払ったり、一寸した買い物をするのに尤も必要なものであるが、
これを銅貨と交換する小商人は市中至る所に居る。
さらに制銭とて穴あきの1文銭があるが、これは上海では苦力などの用うるもので我々は手にする機会がない。

 この外横浜正金銀行とか台湾銀行の如き外国銀行の発行する兌換銀券があり
又中国銀行、交通銀行などから発行している兌換券があって、
いづれも1元2元5元10元50元100元500元の7種の外2角1角の紙幣を出している。
しかしてこの券面には、上海とか、南京とか、漢口とかその通用市の名前が入っていて、これを他の市に持ってゆくと割引される恐がある。
であるから上海付近に居る間にはそこで費やしうるほどの金だけを寮買いしておいて、決してその紙幣を南京や漢口へ持ってゆかぬことである。
で漢口では又漢口の紙幣を、そこで費す丈両替して使用するのであるが、然らずんば袁世凱の大洋を携行するに限る。

 しかし夏の旅に大洋の百弗ももって行けばとても重くて歩けない、
おまけに銅貨の1ドル分200枚も持たされてはたまったものではない、
かつまたその支払いの面倒な計算に至っては、とても幣制画一で十進法に慣れた日本人には理解が出来ぬ、これを支那人ならば三才の児童猶よく之を弁ずる。
或人曰く「どうも支那人のほうが頭がよさそうだ」と 
で今度の旅行では、この小銭の出入の如きは大抵通訳に任せておいて、敢て之に関係せないことにきめた。
但し画する場合通訳にして支払いの上前をはねないのはないが、この事も大目に見ておくことにしたのである。



~>゜)~<蛇足>~~
タイピングしておおよそを理解することに徹したため、
これをご紹介してよいの顔も思いましたが、ま、それはそれ....
貨幣の写真などは紹介したいです。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright ©  Pengzi de 雑記帳  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ぽんず
性別:
非公開
P R
忍者カウンター
ブログ内検索